CT診断によるインプラント | 治療内容一覧 | インプラント 審美歯科 矯正歯科 訪問歯科 ホワイトデンタルグループ 中野(東中野) 品川(大井町) 葛飾(金町) 八王子(南大沢) さいたま(新都心) 相模原

トップページ > 治療内容 > インプラント > CT診断によるインプラント

インプラント

CT診断によるインプラント

より安全に、より正確に。CT診断に基づいた最善の治療計画をご提案します。

インプラント治療をより安全、確実に行うためには、顎の骨の状態を詳しく調べることが重要です。 たとえば上顎の場合、上顎洞という空洞のような部分があり、骨が薄くなっている部分があります。 この部分にインプラント治療を行う場合、上顎洞の下部までの骨の厚みを正確に把握し、上顎洞へ突き抜けることがないようにインプラントを埋入しなければなりません。

また、骨の厚みが不十分な場合はGBR法やエムドゲイン、サイナスリフトなど方法で骨の厚さを増やす治療を併用しなければならない場合もあります。レントゲン写真では、平面(2次元)での顎の状態は分かりますが、それだけでは立体的な奥行き(3次元)が分かりません。 CT検査のデータを元にシミュレーションを行うことで、手術のリスクを大幅に軽減することができます。

CTとレントゲンの違い

CTとは、Computed Tomographyの略で、人体に様々な角度からX線を照射し、輪切りにした断面画像をコンピュータ上で見ることができる装置です。 CTで撮影した画像からは骨の形状や硬さがわかるだけでなく、コンピューターで画像解析することで神経の位置、骨量、骨密度、血管等を3次元的に割り出すことができ、インプラントを埋め込む適切な角度などを計算することができます。

レントゲン画像でも歯の位置や様子を確認したり、虫歯治療をするのには役に立ちますが、それだけでは骨の状態などを完全に把握することは困難です。

CT診断を行うメリット

◎安全なインプラント治療が可能となります。
◎神経や血管の通っている管の位置が把握できます。
◎顎の骨の厚みや形態が把握できます。
◎術前の治療計画が容易になります。
◎レントゲン写真では診断できないような口腔内の病気が発見できます。

インプラント関連情報
インプラントQ&A
実際に寄せられたインプラントの質問にドクターが回答しています。費用のこと、痛みのこと、治療期間のことなど参考までにご覧下さい。
インプラント治療費用
インプラント、骨量が足りない場合の造骨治療など、インプラント治療に関する費用はこちらへ。
インプラント無料相談
インプラント治療のことでご不安やわからないことがあればご相談下さい。メールにて返信さしあげます。